ミルワームが臭い ~床材入れ替え~

突然ですが最近ミルワームの飼育ケースからトイレの様な匂いがします。

かれこれ2ヶ月放置していましたので、脱皮殻も随分溜まっているようです。

下の方に溜まっているのは糞でしょうか?

これが匂いの原因でしょうね。。

これまでの反省も兼ねて床材を交換してみます。

スポンサーリンク
広告

ふるい分け

まずふるいに掛け、糞を処分します。

網目が小さすぎたようで、なかなか作業が進みませんでした。

またゼオライトは網目に詰まるので、次回は他の乾燥剤を使用した方がよさそうです。

そこからミルワームを一匹ずつ他の容器に移していきます。

まだ1000匹以上残っていますので、4時間程かかってしまいました。。。

大量の死体

死体も100匹程見受けられました。

殆どが小型のミルワームで以下の画像のように齧られていました。

以前書いた動物性タンパク質摂取の影響かもしれませんね。

前回は卵の殻からカルシウムの補給に挑戦しましたが、全くダメでした。 そこで今回はカルシウム豊富で有名な煮干しで挑戦してみました。 ...

もしくは非常食のパン粉が減少したことも原因かもしれません。

次回は小松菜のみで飼育予定ですので、2ヵ月後また考察してみたいと思います。

前回の飼育環境反省

床材を入れ替える前に前回の飼育環境を反省してみます。

前回飼育ケースに入れた物は以下となります。

  • パン粉
  • ゼオライト
  • いりゴマ

パン粉

2ヶ月経過時点で殆ど無くなっていました。

小松菜や他の餌より明らかに嗜好性が低いため非常食として優秀です。

ゼオライト

乾燥剤として入れてました。

一部を除いて床材はサラサラでしたので機能はしていると思います。

ただ大きな粒状ですので、密度の関係か糞の上の層に集まってしまうようです。

一番下の糞の層にはゼオライトがほぼ含まれず糞が固着していました。

またふるいに掛けても落ちないので、もっと細かい粒状の乾燥剤を使用すべきですね。

いりゴマ

ほぼそのまま残っていました。

餌と認識されていないようです。

匂いはいいんですけどね。

今回の床材

今回は時間がありませんので、前回とほぼ同じ床材にしてみました。

  • パン粉230g
  • ゼオライト
  • すりゴマ
  • 小松菜粉末少々

前回からの変更点は小松菜粉末が増えたくらいです。非常食として期待しています。

これでまた2ヶ月飼育してみます。

スポンサーリンク
広告