今更だけど2017年の爬虫類イベント日程確認 -ハーレム計画-

2017年も3ヶ月が過ぎてしまいました。

今更ですが爬虫類イベントをまとめてみました。

早くハーレム形成したいな。

スポンサーリンク
広告

2017イベント一覧

April

15・16日(土・日)
神戸レプタイルズワールド 神戸

30日(日)
BLACK OUT! 大阪

May

14日(日)
いなくら市・たねくら市 神戸

20・21日(土・日)
☆ 東京レプタイルズワールド 東京

June

4日(日)
九州レプタイルフェスタ 福岡

11日(日)
☆ BLACK OUT! 東京

18日(日)
爬虫類市場 大阪

July

1・2日(土・日)
レプタイルズフィーバー2017  大阪

August

5・6日(土・日)
ジャパンレプタイルズショー夏 ツインメッセ静岡

20日(日)
☆ アクアリウムバス 東京 浅草台東館

27日(日)
四国レプタイルブリーダーズマーケット 香川 高松テルサ

27(日)

☆ BLACKOUT! 埼玉スーパーアリーナ

September

17日(日)
☆ BLACK OUT! 東京 浅草台東館

23・24日(土・日)
ナゴヤレプタイルズワールド 名古屋 吹上ホール

October

1日(日)
ぶりくら市 神戸 サンボーホール

15日(日)

☆ BLACKOUT! 横浜 産貿ホールマリネリア

November

3日(祝日)

BLACKOUT! 大阪城ホール城見ホール

5日(日)
☆ HBM 東京 池袋アカデミーホール

18・19日(土・日)

Reptilian Nation Expo 米国 San Bernardino (大きいイベント)

19日(日)
☆ とんぶり市 東京 浅草台東館

26日(日)
☆ アクアリウムバス 東京 浅草台東館

December

3・4日(土・日)
☆ 東京レプタイルズワールド 東京 池袋サンシャインシティ

9日

EXPO. Terraristika Hamm ドイツ(最大イベント)

東京での開催が多い

まとめてみて驚きましたが、東京ばっかりですね。

私の住んでいる千葉では残念ながらイベントは開催されないようです。

少し遠いですが、東京開催のイベントに参加しようかな。

上のイベント一覧では、関東で開かれるイベントの前に星を入れています。

この内イベント規模・日程を考えますに、

5月20・21日(土・日)開催の東レプで雌2匹をお迎えするのが最善かな?

動物は小さい頃から一緒にいるほど仲が良くなりやすいですし、

レオパルトが成長しきる前にお迎えしたいところです。

イベントのメリット

取り扱い個体が多種

2017 3/26ブラックアウトに行って来ました。 狙いはもちろんレオパルトのお婿さん探しです。 12:30 浅草駅より徒歩10分...

3/26にブラックアウトに参加して来ましたが、

やはり取り扱っている種類がショップとは段違いでした。

水生の蛇に馬鹿でかいムカデ、カメレオンのベビー等、

田舎では中々お目にかかれない珍しい個体が多かったです。

安い

私の参加したブラックアウトでは、フトアゴベビーが4500円で大量に売られておりました。

個体だけでなく機材等も格安で売られており、すぐに飼育できる環境が作れます。

近場のイベントでしたら、移動費を差し引いてもショップで購入するより安いです。

特にモルフ等にこだわりが無いのでしたら、

最初の一匹はイベントで購入されるのが良いと思います。

餌はヤフオクの方が安いかな?

注意点

巨大化する個体・必要設備に注意

グリーイグアナやポールパイソン等、1mを超えてくる個体のベビーが

プラスチックの弁当箱に入れて販売されています。

すぐに巨大化し、飼育が難しくなるので気を付けましょう。

私はサバンナモニターを危うく購入しそうでした。

○○モニターはオオトカゲで、1m前後に成長する個体が多いです。

マイナー個体は事前調査必須ですね。

また個体によってはUVライトや保温器具が必要です。

設備導入が面倒でしたら、レオパがおすすめです。

関東でしたらパネルヒーターのみで、ギリギリ越冬できます。

保温器具の中ではパネルヒーターが、ダントツで電気代が安いのでオススメです。

悪徳業者に注意

悪いショップは病気や怪我をしている個体を販売しているので注意が必要です。

5月のレプタイルズワールドでは顎の外れたレオパが注意書き無しで販売されていました。

複数いましたので、恐らく確信犯ですね。

5/21東京レプタイルズワールド二日目に行って来ました^ ^ 本来は1日目に行く予定だったのですが寝坊_:(´ཀ`」 ∠): も...

人が多く中々じっくり見れませんが、是非手に取って観察してみて下さい。

スポンサーリンク
広告