Lesson1と2 Javaプログラミング基本進めてみた techacademy,java

今日はTechcademyJavaコースLesson1と2を進めてみます。

予想学習時間はそれぞれ5時間、20時間と結構長いです。

スポンサーリンク
広告

Lesson1 プログラミング言語とJava

Lesson1はJavaの説明でした。

課題は無く、読むだけでしたので30分で終了。

Lesson2 1~5番基礎文法と変数

クラス、ブロック、メソッド等、馴染みの無い横文字が続きます。

この辺はプログラミングしてれば覚えると思うので深く考えず先に進みます。

変数

これは重要そうです。どうやら数値型のint、文字型のStringという文字があるようです。

これらを+で繋ぐ事もできるようですね。

ゲームのテキスト会話やダメージ計算等に使用するのでしょうか?

Lesson2はLesson1と異なり所々手を動かす課題があります。

早速Lesson2.5の課題を提出してみます。

課題は自分の「名前」「性別」「血液型」「出身地」「趣味」をコンソールに表示するという物。

変数も使用しろとの事。

public class Sample02 {

public static void main(String[] args) {
String str1= “性”;
String str2=”名”;
System.out.println(“私の名前は” + str1 + str2 + “です。”);
System.out.println(“性別は男性、クワ型です。”);
System.out.println(“出身地は千葉県で、趣味は釣りです。”);
}
}

これを実行すると、

私の名前は性名です。
性別は男性、クワ型です。
出身地は千葉県で、趣味は釣りです。

こんな感じに表示されます。これで提出してみます。

初めての課題提出

提出方法は「Lesson0の14.4課題の提出とエクスポート」を参考にしました。

予想学習時間は長めに時間を取っていると思っていたのですが、こうやって戻って参考にする時間も含まれているのかもしれませんね。

zipにして課題送信と。

今日は疲れたのでここまでにします。

課題の評価が楽しみですね。

課題のレビュー

課題が返ってきました。

どうやら変数をもっと使うべきだったようです。

合格は貰えましたが、アドバイスに従い以下のように修正してみました。


public class Sample02 {

public static void main(String[] args) {
String name1= “性”;
String name2=”名”;
String gender = “男性”;
String blood = “クワ”;
String birthplace = “千葉”;
String hobby = “釣り”;
System.out.println(“私の名前は” + name1 + name2 + “です。”);
System.out.println(“性別は” + gender + “、” + blood + “型です。”);
System.out.println(“出身地は” + birthplace + “で、” + “趣味は” + hobby + “です。”);
}
}

てっきりStringの後ろはstr~で無いといけないと思っていたのですが、なんでも良いようですね。

ここは数学でいうところのx,y,zのようなものなのでしょう。

スポンサーリンク
広告

コメント

  1. シンジ より:

    初めまして。突然のコメントで失礼します。
    トカゲやカエルが好きで、このサイトに辿り着きました。

    実は、私もテックアカデミーのJAVAクラスを受けています。

    サイトを拝見しますと、課題をサラッとこなしていて、応用力のある方だなぁと、感心してしまいます。

    課題を解く際、参考にしている本やサイトはありますか?

    私は侍エンジニア塾をよく参考にしています。

    学習仲間がいないので、お邪魔させていただきました。

    よろしければ情報交換などをさせていただけると嬉しいです。

    • asao より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      侍エンジニア塾良いですよね。私もよく参考にさせて頂いてます。
      またメンターの方が薦められた「スッキリわかるJava」という本も参考にしています。
      この本はイラストが多く、イメージしにくい専門用語や全体の流れを理解しやすいです。
      私もエンジニアの知り合いが居らず、情報が不足していますので、是非また来てください。