Lesson2の続きと初メンタリング techacademy,java

Lesson2の続きと初メンタリング techacademy,java

今日は始めてのメンターとの会話です。

TechAcademyは週2回メンタリングという担当者との会話があるようです。

ビデオチャットですのでとても緊張しました。

初回は現状の進み具合を確認して終了。

ちなみにAdBlockが入っていると上手く表示されませんでした。

スポンサーリンク
広告

 Lesson2.6,7  計算

計算はエクセルと同じようですね。ただ、

x++ と x-

この計算式は初めて見ました。

それぞれ、「xを1増加させる」、「xを1減少させる」という意味らしいです。

そしてLesson2.7の課題は「平成から西暦に自動で年を計算するプログラムを書いて表示させる」という物。

以下のコードで提出。

public class Sample3 {

public static void main(String[] args) {
int heisei = 27;
int seireki = heisei + 1988;
System.out.println(“平成” + heisei + “年は西暦” + seireki + “です”);
}
}

多分合ってると思います。レビューが楽しみです。

追記、合格でした。

Lesson2.8,9 データの型

どうやら基本データ型と参照型というデータの種類があるようです。

前出の int とか Stringですね。

課題は

○○マイルは○○メートルです。

○○メートルは○○マイルです。

と表示させろというもの。

public class Sample04 {

public static void main(String[] args) {
int mile = 1;
int meter = mile *1600;
System.out.println( mile + “マイルは” + meter + “メートルです。”);
System.out.println( meter + “メートルは” + mile + “マイルです。”);
}
}

これで提出してみます。

追記、合格でした。

 Lesson2,10~14  クラス、メソッド、引数、戻り値

また横文字が続きます。

どれも重要そうですが、まだどのような時に使用するのかピンと来ません。

早く現場で学びたいですね。

呼び値は要するに上から順番に読まずに、指定された場所に飛びますよってことでしょうか?

return result を使うメリットがいまいち分かりません。

最後の課題

Lesson2 最後の課題は「○○円の商品の税込み価格は○○円(消費税は○○円)です。」と表記させろというもの。

えっ、一気に難易度上がりましたね。

自信無いですが、以下のようなコードで提出。
public class Sample05 {

public static void main(String[] args) {
int zeinuki = 1000;
double tax1;
tax1 = tax(zeinuki);
double zeikomi = zeinuki + tax1;
System.out.println(zeinuki + “円の商品の税込み価格は” + zeikomi + “円(消費税は” + tax1 + “円)です。”);

}

public static double tax(double zeinuki) {
double tax1 = zeinuki * 0.08;
return tax1;
}
}

評価が楽しみです。

ランキング
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする