Lesson3前半戦 フロー制御と配列進めてみた techacademy,java

TechAcademy JavaコースLesson3を進めてみます。

Lesson2は目安時間20時間のところ15時間程でできましたので、こちらもサクサク進めていきます。

スポンサーリンク
広告

 Lesson3,1~7 If文

Lesson3前半はIf文についてでした。

昔、脳死スマホゲー用のマクロを組んだときによく使用しました。

Javaでは無かったと思いますが、非常に似ています。

簡単かつ、やれる事が多そうですね。

マニュアルが分かりやすいため、さくさく進みますが一点だけ気になる表記がありました。

「and」は「&&」、「or」は「||」で表記するようです。

andはわかりますが、orの表記は初めて見ました。勉強になります。

課題は3個ありました。

一つ目は「成人の判定かつ成人の場合は20代、30代、それ以上でさら表示するメッセージを変える」というもの。
public class IfProblem01 {

public static void main(String[] args) {

int age = 29;// 年齢

if (age < 19) {
System.out.println(“未成年です。”);
} else if (age >= 20) {
System.out.println(“成人です。”);
}
if (age >= 20 && age <= 29) {
System.out.println(“20代です。”);
} else if (age >= 30 && age <= 39) {
System.out.println(“30代です。”);
} else if (age >= 40) {
System.out.println(“それ以上です。”);
}
}
}

これで提出。

二つ目は「送料の計算

条件が多いので詳細は割愛。

課題1
public class IfProblem02 {

public static void main(String[] args) {

int weight = 1;

if (weight > 0 && weight < 1) {
int fee = 250;
System.out.println(“この荷物の重さは” + weight + “キロで送料は” + fee + “円です”);
} else if (weight >= 1 && weight < 3) {
int fee = 400;
System.out.println(“この荷物の重さは” + weight + “キロで送料は” + fee + “円です”);
} else if (weight >= 3 && weight < 5) {
int fee = 500;
System.out.println(“この荷物の重さは” + weight + “キロで送料は” + fee + “円です”);
} else if (weight >= 5 && weight < 10) {
int fee = 900;
System.out.println(“この荷物の重さは” + weight + “キロで送料は” + fee + “円です”);
} else if (weight >= 10) {
int fee = 1200;
System.out.println(“この荷物の重さは” + weight + “キロで送料は” + fee + “円です”);
} else {
System.out.println(“入力データエラーです。”);
}
}

課題2
public class IfProblem03 {

public static void main(String[] args) {

String region = “九州”;
if (region.equals (“北海道”)) {
int fee = 1000;
System.out.println(region + “への送料は” + fee + “円です”);
} else if (region.equals (“東北”)) {
int fee = 800;
System.out.println(region + “への送料は” + fee + “円です”);
} else if (region.equals(“関東”) || region.equals (“甲信越”)) {
int fee = 700;
System.out.println(region + “への送料は” + fee + “円です”);
} else if (region.equals (“中部”)) {
int fee = 650;
System.out.println(region + “への送料は” + fee + “円です”);
} else if (region.equals (“近畿”)) {
int fee = 600;
System.out.println(region + “への送料は” + fee + “円です”);
} else if (region.equals (“四国”)) {
int fee = 700;
System.out.println(region + “への送料は” + fee + “円です”);
} else if (region.equals (“中国”)) {
int fee = 800;
System.out.println(region + “への送料は” + fee + “円です”);
} else if (region.equals (“九州”) || region.equals(“沖縄”)) {
int fee = 950;
System.out.println(region + “への送料は” + fee + “円です”);
}else {
System.out.println(“入力データエラーです。”);
}
}
}

課題3
public class IfProblem04 {

public static void main(String[] args) {

int distance = 100;
if (distance > 0 && distance < 100) {
int fee = 600;
System.out.println(distance + “キロ先に送るための送料は” + fee + “円です”);
} else if (distance >= 100 && distance < 250) {
int fee = 800;
System.out.println(distance + “キロ先に送るための送料は” + fee + “円です”);
} else if (distance >= 250 && distance < 500) {
int fee = 900;
System.out.println(distance + “キロ先に送るための送料は” + fee + “円です”);
} else if (distance >= 500) {
int fee = 1200;
System.out.println(distance + “キロ先に送るための送料は” + fee + “円です”);
}else {
System.out.println(“入力データエラーです。”);
}
}
}

三つ目は「占いプログラム

こちらも割愛。
public class IfProblem05 {

public static void main (String[] args) {

String blood = “O型”;
int age = 20;

if (blood.equals(“O型”)) {
System.out.println(“あなたの思い通りに物事が進みそうです”);

if (age >=20 && age <30){
System.out.println(“人との心の距離に気をつけて”);
} else {
System.out.println(“短所も長所に変えられます”);
}
} else {
System.out.println(“余裕をもった行動を心がけて”);
}

if (blood.equals(“A型”)) {
System.out.println(“ゆったりとした気分で過ごせそう”);
} else if (blood.equals(“B型”)){
System.out.println(“なりたい自分を思い描いて”);
} else if (blood.equals(“O型”)){
System.out.println(“情報収集が吉”);
} else if (blood.equals(“AB型”)){
System.out.println(“本当に大切なものが見えてきそう”);
} else {
System.out.println(“余裕をもった行動を心がけて”);
}
}
}

レビューが楽しみです。

スポンサーリンク
広告