デュビア(アルゼンチンモリゴキブリ)購入してみた。ついでに飼育環境構築

この記事にはゴキブリ(デュビア)の画像が使われていますので、予めご了承ください。

スポンサーリンク
広告

デュビア購入経緯

これまではレオパの餌としてジャイアントミルワームを与えていたのですが、

ジャイアントミルワームの共食いが止められず、ケース内の異臭が凄いです。

突然ですが最近ミルワームの飼育ケースからトイレの様な匂いがします。 かれこれ2ヶ月放置していましたので、脱皮殻も随分溜まってい...

そこで次の餌候補として目を付けたのが、共食いをしないデュビアです。

デュビアはゴキブリの一種です。

ネットでは動きが遅いとよく言われますが、日本のゴキブリと比較して遅いだけです。

ずっとミルワームのみを相手してきた私にとっては滅茶苦茶素速い

具体的にはワラジムシぐらいのスピードです。

ヤフオクで1匹7円程で売られています。

ジャイアントミルワームは2円程ですので、コスパは劣ってしまいますね。

ただ死臭から開放されるのでしたら、安いものです。

デュビアの飼育環境構築

今回使用したのはこちら。

  • ゼオライト(床材)
  • トイレットペーパーの芯(シェルター)
  • プラケース

費用100円ちょっと。ジャイアントミルワームよりも安く環境構築できました。

床材

床材を使用されていない方もおりますが、プラケース等ツルツルした床の場合は、

ひっくり返った時に自力で起き上がることができないようです。

画像の個体はしばらく暴れた後、起き上がる事を諦めてしまいました。

自然界で生きていけるのか心配になります。

ダニ対策

床材選択にあたり、私が重点を置いたのがダニ対策。

どうやらデュビアを飼育しているとダニが沸いてくるようです。

このダニがデュビアに悪さするだけでなく、私の肺にまで侵入しアレルギー症状を引き起こしてしまいます。

これはなんとしても対策しなければなりません。

ダニが好む条件は高音・多湿

湿気とりなら多孔質のゼオライトが安くてオススメです。ダイソーにも置いてます。

私はジャイアントミルワームの飼育時にも使用しており、実績があります。

あかぎ園芸 ゼオライト 1?

新品価格
¥120から
(2017/6/4 20:39時点)

シェルター

多くの方がシェルターとして卵パックを使用されているようですが、

私の近所では仕入れられないため、トイレットペーパーの芯を使用しました。

プラケース

デュビアは壁を登れず、飛べませんので上蓋は無し。

湿気がこもりにくくなりますので、ダニ対策にもなります。

こんな感じになりました。

デュビアの餌選択

野菜、果物、昆虫ゼリー、ドッグフード。なんでも食べるようですね。

食べた物によってデュビアの栄養価が変わるようですが、

デュビアはミルワームと違ってカルシウム豊富。

他の栄養素も高いレベルでバランスが取れています。

悩んだ結果、ビタミン補給目的で小松菜をしばらく与えてみます。

ちなみに餌で栄養価を調整することをガットローディングというようです。

アクビアーノに与えてみた

この脱皮したばかりで、いかにも美味しそうなデュビアを与えてみます。

食べてくれるかな?

瞬殺でした。良い反応ですね。

しばらくデュビアのみを与えてみて、ジャイアントミルワームとどちらの方が嗜好性が高いのかを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
広告