AppData\Localの下にある大量の0バイトファイルはWindows Live mail の不具合?

Cドライブの空き容量を増やすためAppData\Localをチェックしていると、

大量の0バイトファイルを発見。(右クリック⇒プロパティで確認)

調べてみるとWindows Live mail 2012の不具合が原因のようです。

そこでWindows Live mailとこの0バイトファイルを削除して、

不具合が発生しないか試してみます。

スポンサーリンク
広告

アンインストール方法(windows7)

まずコントロールパネルを開き、「プログラムのアンインストール」をクリック。

Windows Essintial 2012をダブルクリック。

Windows Essentials プログラムの削除をクリック。

最後にメールを選択し、アンインストールをクリック。

これで終わりです。

AppDataの表示(windows7)

0バイトファイルが入っているAppDataは隠しフォルダになっているので、

表示するようにします。

コントロールパネルから「デスクトップのカスタマイズ」をクリック。

「すべてのファイルとフォルダーを表示」をクリック。

隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示するを選択し、適用。

そしてユーザー\AppData\Localを開き、0バイトファイルを削除しました。

後日談

現在のところ特に不具合はありません。

また不具合が発生しましたら記事を更新します。

また0バイトファイルなので、削除しても当然Cドライブの空き容量は増えませんでした。

また私は30フォルダー程度でしたが、

人によっては1000フォルダーを超えているようですので、

プロパティでチェック⇒削除が面倒そうですね。

そのまま放置しても特に問題ないと思います。

スポンサーリンク
広告