バッテリーの無いDell Latitude E6520のBIOSをアップデートしてみた

バッテリーの無いDell Latitude E6520のBIOSをアップデートしてみた

現在ジャンクで購入した Latitude E6520のOS再インストールを

試みているのですが、中々上手くいきません。

関係があるのかは不明ですが、BIOSもアップデートしてみました。

スポンサーリンク
広告

アップデート手順

PowerEdgeにおけるDOSユーティリティを利用したBIOSアップデート手順

上記のDell公式サイトが、凄くわかりやすいです。

最新BIOSを見てみると、やはり現在のBIOSより新しいようです。

現在のBIOSバージョンは、PC起動⇒Dellのロゴが出た時にF2キー連打。

System infomationの欄で確認できます。

そこから公式サイト通り進めますが、最後の最後に問題発生。

なんと、バッテリー残量が10%以下のためアップデートできないようです。

えっ、そもそもバッテリー自体無いんだけど(ToT)

これ詰んだかな?

調べてみると“/forceit”を使えば、バッテリー無しでできるみたいです。

公式サイトの例ですと[C:\>]と表示された時、a.exe ではなく、

a.exe/forceit を入力しEnterします。

これで無事アップデートが始まりました。

参考記事

DELL製PCのBIOSをバッテリなしで更新する

見守る

これ電源切れたらどうなるんでしょうね?

デフォルトではバッテリーが10%以下の状態でアップデートできないので、

何か重大な欠陥が生じそうです。

落ちるなよ~。

5分後、特に問題も無くアップデートできました。

一応バッテリー無しで更新される場合は自己責任でお願いします。

OSはインストールできる?

早速OSも再インストールしてみるものの前回と同じく、

No Boot。

一体何が悪いんだろうか?

ランキング
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする