門外漢が3日でITパスポートに合格できるか検証してみた

門外漢が3日でITパスポートに合格できるか検証してみた

IT企業への転職に向けて「2日で受かる」と噂のITパスポートを受験してみました。

ちなみに私はITの勉強など一切したことが無い門外漢です。

スポンサーリンク
広告

直近3年の合格率

  • 平成26年上期:49.8%
  • 平成26年下期:46.4%
  • 平成27年上期:49.3%
  • 平成27年下期:45.9%
  • 平成28年上期:48.6%
  • 平成28年下期:48.1%

ネットでは「死ぬほど簡単」と言われているITパスポートですが、

約半数の方が不合格になるようですね。

これ本当に3日で合格できるかなぁ?

試験概要

  • 試験時間:120分
  • 問題数:100問
  • 出題形式:四択
  • 合格基準:全体正答率60%以上かつ各分野正答率30%以上

合格するためには60%以上の正答率が必要みたいです。

四択で60%はかなり甘い試験ですね。

1日目

景気付けに今の状態で、NET-HCASの簡易テストを受けてみます。

正答率75%。あれ?

もうこのまま受験すれば、合格するんじゃ・・・。

いや、これは罠だ( `_ゝ´)

ちゃんと勉強しよう。

今回使用した参考書はこちら。

こちらの参考書は解説・略語の説明が詳しく、図も豊富でわかりやすかったです。

(PDF・スマホ単語帳付)かんたん合格 ITパスポート過去問題集 平成29年度秋期 CBT対応

新品価格
¥1,274から
(2017/8/27 23:45時点)

厳密には、友人から譲り受けた昨年度の物を使用しました。

1日目はまず、ストラテジ系の解説を読み込みます。

ストラテジ系はIT用語の問題が多いので、門外漢の私はここが一番の難関でした。

略語が多いのも厄介です。

2日目

2日目はマネジメント系・テクノロジ系の解説を読み込みました。

テクノロジ系は今まで何気なく使用していた機器に関する問題が多く、為になります。

解説を一周読み終えたので、再度簡易テストを受けてみました。

正答率85%。順調ですね。

もう勉強しなくて良くね?

時間が余ったので、参考書に付属している平成27年下期の過去問を行いました。

正答率は・・・65%!!!?!

予想以上に悪い結果となりました。

これ簡易テストで高得点を取り、舐めてかかった方々が多数討死してそうですね。

もう少し頑張ろう(^_^;)

3日目

参考書をもう一周します。

今度は問題に正解するつもりで解いていきました。

二周もすれば、用語・略語もだいたい覚えてきます。

テスト当日

起きてすぐ過去問道場平成29年度春季の過去問を解いてみました。

正答率73.8%。

いける、いける( *´艸)

確実に知識が付いてきています。

あとは落ち着いて解くだけですね。

結果

690点/1000点。合格!

気合を入れて勉強したストラテジ系は予想以上の正答率となりました。

テクノロジ系は結構自信あったんだけどなぁ~。

Q.門外漢が3日でITパスポートに合格できるか?

A.勉強すれば余裕で合格できます。

3日で参考書2周できるかどうか」が合否の分かれ目となりそうです。

簡易テストの結果を鵜呑みにせず、しっかり勉強しましょう。

ちなみに私の総勉強時間は8*3=24時間程度です。

参考にして下さい。

おまけ:スマドラの弱点

私は勉強する時にアニラセタムを使用しているのですが、

今回の試験勉強では1日目しか使用しませんでした。

何故かといいますと、アニラセタム服用後2時間は集中できるのですが、

それ以降はいつも以上に集中力が散漫となったからです

どうやら長時間勉強に対してラセタム系のスマドラは向いていないようですね。

ランキング
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする