初心者がリスクを考慮してゲーム兼マイニング用PCを自作してみた

ヤフオクくじで2等当ったから、ゲーム兼マイニング用PCを自作してみるよ

前回発見した激安BTOパソコン。

セール中のBTOパソコンと自作PCにかかる費用を比較してみた
ネットサーフィンをしていると偶然BTOパソコンのセールを発見しました。 パッと見、とてもコスパ良さそうなのですが、果たして自作...
asao

自作しても値段がほぼ変わらないし、買っちゃおうかなぁ・・・。

う~ん、でもゲームほとんどしないんだよなぁ。

絶対持て余すよなぁ・・・。

とりあえずヤフオクくじ引くか。

asao

うおぉぉぉ!自作の時間だぁぁぁ!

スポンサーリンク
広告

自作PCの用途と目的

特にやりたい事が無いため、巷で流行の「マイニング用PC」を自作してみます。

そしてあわよくば、マイニングで自作PCの費用相殺を狙います。

しかしながら、靴磨き少年の逸話のように末端の人間にまで知れ渡ってしまった仮想通貨は今が天井、暴落の可能性もあります。

そこで今回はそのリスクを考慮し、マイニングだけでなくゲーム等、

他の用途にも応用できるPCを組んでみました。

  • 用途:マイニング。最悪ゲーム
  • 目的:マイニングで費用を相殺する

パーツ選び

グラフィックボード(GPU)

マイニングにおいて最も重要なグラフィックボード(GPU)。

NVIDIA」と「AMD」の二大メーカーからの選択になります。

このうちAMD製GPUは「Ethereum」という通貨を掘り易いため、

マイナー達が買い漁り、価格が高騰しております。

そのため私はNVIDIA製GTX1060(6GB)を搭載した物を選択しました。

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GF-GTX1060-6GB/OC/DF

新品価格
¥32,400から
(2017/9/14 21:05時点)

安値でAMD製GPUが手に入るのでしたら、そちらの方が良いかもしれません。

ただ中古には手を出さないほうが懸命です。

現在中古として出回っているGPUはマイニングで酷使されている可能性が高いです。

加えてGPUは比較的壊れやすい上に、新品のGPUには1~3年程度のメーカー保証が付属します。

購入数ヵ月後に壊れてしまっては、絶対に費用は相殺できません。

CPU

AMD製のCPUを使ったマイニングも流行っているようなので、「Ryzen7 1700」を選択。

インテル製のCPU(core i7等)よりもマイニング中の消費電力が少ないです。

またAMDによると「Monero」マイニングにおいて、旧型GPUを凌駕するワットパフォーマンスを発揮するとの事。

ただし、後述するようにマザーボードに少し問題があります。

マイニングするだけなら「Ryzen5 1600」やインテル製の型落ちCPUでも良いのですが、

Ryzen7 1700ならCPUマイニングしながらネットサーフィンがギリギリできる。

との情報を得ましたので、「Ryzen7 1700」に決めました。

某掲示板からの情報につき信憑性に欠けますので、また記事にしてみます。

※追記:ほぼ全てのマイニングツールにおいて、使用するコア数を選択できますので低スペックCPUでもネットサーフィンできます。

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

新品価格
¥36,578から
(2017/9/14 21:04時点)

マザーボード

インテル製CPUと違い、上記のRyzenに対応しているマザーボードはまだまだ少ないです。

9/14時点で発売されているマイニング用マザーボードの内、

Ryzenに対応しているのは「BIOSTAR TB350-BTC」のみでした。

※念入りに検索しましたが、もしかしたら見落としがあるかもしれません。

マザーボードの選択肢が狭いのは、Ryzenの欠点ですね。

BIOSTAR AMD B350チップセット搭載 Ryzen対応 ATXマザーボード TB350-BTC

新品価格
¥12,506から
(2017/9/14 21:02時点)

そしてこのマザーボードですがいくつか気になる点が存在します。

  • 保証期間が1年
  • 最大6枚しかグラフィックボードを積めない

ASRock、ASUS製マザーボードの保証期間はそれぞれ2年、3年となります。

それに比べてBIOSTARは1年しか保証してくれません。

マザーボードは比較的壊れやすいので保証期間が長いに越した事はないです。

次にマイニング用を謡っているにも関わらず、6枚しかグラフィックボードを積めません。

インテル製CPU対応マイニング用マザーボードの中には8~13枚積める物も存在します。

上限6枚って下記のゲーム用マザーボードと全く同じなんですよね。

ASRock AMD B350チップセット搭載 ATXマザーボード AB350 Gaming K4

新品価格
¥12,830から
(2017/9/14 21:14時点)

正直こちらのマザーボードと悩みましたが、マイニング用を謡っているのだからマイニングに特化したBIOS設定が出来る筈です。。。多分。

結局「TB350-BTC」に決めました。

※追記:BIOSに[マイニングモード]という設定がありました。また効果を検証してみます。

メモリ

TB350-BTC」が対応しているメモリは、「DDR4 DIMM 3200(OC)/ 2933(OC)/ 2667/ 2400/ 2133/ 1866」。

下記のメモリが中古で安かったので、コレの8GB×2枚にしました。

通常使用でしたら8GBもあれば十分です。

CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 4GBx2枚 288pin (無期限保証)(Ballistix by Micron) W4U2400BMS-4G

新品価格
¥10,686から
(2017/9/14 20:58時点)

メモリはCPUとの相性がありますので、Amazonのレビューが参考になりますね。

電源

電源は規格化されており、ランク毎に変換効率が異なるようです。

たった10%程度の差ですが、マイニングは24時間PCを稼動させるため電気代に大きく影響します。

80PLUS ランク 定格20%時の変換効率 定格50%時の変換効率 定格100%時の変換効率
無印 80% 80% 80%
BRONZE 82% 85% 82%
SILVER 85% 88% 85%
GOLD 87% 90% 87%
PLATINUM 90% 92% 89%
TITANIUM 92% 94% 90%

調べてみると上位ランクは変換効率だけでなく、部品の性能・耐久性も上がるみたいです。

電源は故障すると他のパーツも道連れにするようなので、上位ランクの物を選択。

玄人志向 電源 700W 80PLUS Platinum 12cm静音ファン KRPW-PT700W/92 REV2.0

新品価格
¥10,769から
(2017/9/14 21:07時点)

SSD

以前128GBSSDだと容量が足りなかったため、240GBを選択。

TB350-BTC」は4スロットもあるので、足りなければ足していきます。

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 240GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS240G1G0A

新品価格
¥9,294から
(2017/9/15 16:08時点)

OS

OSは無料で使えるLinux(Ubuntu)にしました。

※追記:非対応ソフトウェアが多いため、Windows10 Proに変更しました。

合計金額

GPU 32,000円
CPU 36,000円
マザーボード 12,000円
メモリ 16,000円
電源 11,000円
SSD 9,000円
OS 0円
合計 116,000円

総費用:116,000円。

よしよしBTOパソコンよりは安くなりました。

あとはマイニングで返済するだけです。

[悲報]ビットコイン暴落

う~ん、凄いタイミング。

私の逆神ぶりもここまで来たか・・。

パーツは既に注文した。もう後戻りできないんだよ( ;`Д´)

組み上げてみた

パーツが届いたので組み上げてみました。

前回のゲーム兼マイニング用PCの組み上げ手順紹介
前回紹介したゲーム兼マイニング用PCのパーツが届きました。 早速組み上げてみます。 マザーボード(TB350-BTC...

ベンチマークスコア

早速PCmark10にてベンチマークを実施してみました。

果たして、初自作PCの実力や如何に、、!

4206!

いいですね。

現在私の使用しているノートPCのスコアが2300なので、約2倍の性能でしょうか?

マイニングしてみた

全ての設定が終わったため、手始めにmonacoinをマイニングしてみました。

Ubuntu 16.04(Linux)でmonacoinをGPUマイニングしてみた
Ubuntuのインストールが終わりましたので、早速GPUマイニングを行ってみます。 参考にしたページ:UbuntuとGPUでM...

何年で相殺できるのか計算してみた

ワットチェッカーを使って計算してみました。

この構成だと約7年かかるようです。。。

GTX1060とRyzen7でマイニングを行い、一日何円稼げるか計算してみた
こんばんは。最近マイニングにハマっているasaoです。 先日注文したワットチェッカーが到着したため、早速純利益を計算してみました。 ...

注意事項

今回紹介したパーツを組み上げた場合、VGA接続ができません。

人によっては、DVI-D端子を持つデジタルディスプレイを追加購入する必要があります。

ケースはマイニングを本格的にするかしないか?で変わるため保留。

あまり長期間むき出しで使用すると、埃で発火しますので注意。

ランキング
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする