ファイル・ソフトウェアを引き継いで、Windows10 HomeからProに変更する方法

ファイル・ソフトウェアを残したまま、Windows10 HomeからProにアップグレードできた話

現在自作PCにてWindows10 Homeを使用しているのですが、安くOEMプロダクトキーが入手できたためWindows10 Proにアップグレードしてみました。

スポンサーリンク
広告

アップグレード手順

まず左下のスタートメニューをクリック。

[設定]→[更新とセキュリティ]→[ライセンス認証]をクリック。

[プロダクトキーを変更します]をクリック。

入手したWindows10 Pro用のプロダクトキーを入力。

そのままアップグレードを開始します。

はい、私の場合はあっさりアップグレード完了しました。

もし弾かれる方は後述の方法を試してみて下さい。

ちなみにファイル・ソフトウェアはそのまま引き継げました

念の為バックアップは取ってから実行してみてください。

プロダクトキーが弾かれる場合

OEMプロダクトキーが弾かれる場合は、デフォルトキーを先に使用すると認証出来ることがあるようです。

デフォルトキーは、[VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T]。

これをプロダクトキーの代わりに入力すると、Windows10 Proにアップグレードできます。

ただし、その状態のままではライセンス認証ができていませんので、再度OEMプロダクトキーを入力する事でアップグレードが完了します。

ちなみにこのデフォルトキーは、Windows7・8の無償アップグレードの時に割り当てられるプロダクトキーと同じです。

現在は無償アップグレードがまだ出来るためデフォルトキーが通りますが、

本来終了しているキャンペーンにつき、いつ使用不可能になってもおかしくありません

その場合は、クリーンインストールする必要がありそうです。

無償期間が終了したはずのWindows10をアップグレードしたらプロダクトキーすら要求されなかった話
今から1年以上も前に終わったWindows10の無償アップグレードですが、まだ無料でアップグレードする裏技が存在するようです。 ...
ランキング
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする