[300ドル] コスパ最強?SD845搭載POCOPHONE F1予約してみた

こんにちは、asaoです。

つい先週発売されたXIAOMI POCOPHONE F1ですが、早くも35500円まで値下げされたため衝動買いしてしまいました。

最新SoCであるSD845液冷機能搭載、更にハイエンド機では廃止されがちなイヤホンジャック・microSDスロット搭載で4万円切りは破格です。

ちなみに今回購入した先はjoybuy

今ならmi band3(?)がオマケで付いてきます。

mi band3のヤフオク相場は3500円ですので実質32000円。

当分これ以上の値下がりは無いのではないでしょうか。

※9/5追記:オマケ→ペン、価格→300ドルに変わりました。

スポンサーリンク
広告

スペック・コスパ比較

 POCO F1XIAOMI MI8ONE PLUS 6ZENFONE 5Z
SOCSD845SD845SD845SD845
RAM/ROM6GB/64GB6GB/64GB6GB/64GB6GB/64GB
バッテリー容量4000mAh3400mAh3300mAh3300mAh
重量182g175g177g155g
ディスプレイ液晶有機EL有機EL液晶
BANDS1, 3, 5, 7, 8, 20, 38, 40, 411, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 20, 34, 38, 39, 40, 411, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 32, 34, 38, 39, 40, 411, 2, 3, 5, 7, 8, 18, 19, 20, 26, 28, 29, 30, 32, 34, 38, 39, 40, 41
価格(通常時)350ドル420ドル500ドル540ドル

比較表の通り、記事作成時点のSD845搭載機の中では飛び抜けて安いです。

調べたところ液晶ディスプレイ対応バンド削減で価格を抑えているようですね。

有機ELの方が消費電力は少ないのですがPOCO F1はバッテリー容量が多いので、むしろ他機種よりも駆動時間が長いようです。

Poco F1 vs 6GB Zenfone Max Pro M1 vs OnePlus 6 vs Mi A2 vs Note 5 Pro – EXTREME BATTERY DRAIN TEST🔥

またbands19が無いためソフトバンク回線で運用する事になります。

その他詳しいスペックは公式サイト

mineoでソフトバンク回線キャンペーン中

一昔前はソフトバンク回線を使用した格安simはありませんでしたが、少しずつ普及し始めているようです。

今月よりmineoでソフトバンクプランが新設され記念キャンペーンが行われています。

11/6まで6か月間約1000円割引されるのでまだソフトバンク回線simを持たれていない方は契約されてはいかがでしょうか。



さらに低価格のコスパ良好スマホ

POCOPHONE F1よりさらに安い価格帯ですとK5 PROがオススメです。

こんにちは。asaoです。 本日は一部の界隈で格安スマホの完成形と評されるLenovo K5 PROを紹介してみます。 ...
スポンサーリンク
広告