[U29]未経験エンジニアとして半年働いた感想とアドバイス

こんにちはasaoです。

パーソルさんが主催されているU29プロジェクトを通じて未経験エンジニアとして働き始め早半年。

経験を基に未経験採用ならではの楽しい事や辛い現実を自分なりにまとめてみました。

スポンサーリンク
広告

U29プロジェクトの感想

まず転職活動を始めるにあたり、U29プロジェクトに参加しました。

U29ではGAITや資格取得のための勉強会、一人では難しい面接対策を無料で経験でき、とても有意義な1か月でした。

その後、待ちに待った求人票を頂き面接に赴きます。

せっかくなのでSEではなくPG採用だけを希望する無茶ぶりをしてみたのですが、しっかり10枚中8枚PG採用の求人票を用意して頂けました。

さすが派遣最大手だなと感心した事をよく覚えています。

自分で求人探すより絶対効率良いですよ。

しかも私は運良く自社開発の会社に採用されましたからね。

いくら人手不足でも未経験で自社開発PGなんて普通面接受かりませんよ。

コードを書かせてもらえる

就職後仕事をさせてもらえるまでは大変でしたが、独学で学んだ知識をアウトプットできる環境は最高です。

また自社開発のため改修・機能追加作業がほとんどで、先輩方が過去に書かれたコードを流用、追加するだけでほぼ正解に近い形になるため仕事も楽です。

PG漫画でよくある納期に追われる事もありません。

中途採用の現実

ここからは辛い現実の話です。

まず私たちは未経験採用ですが、俗にいう中途採用扱いになります。

人事部の方は即戦力にならないことを承知の上採用していますが、現場の方は違います。

現場の方は「中途採用なのだからこれくらいできて当然だろう」という態度で接してきますが、当然私たちは何もできないため悪態をつかれます。

私の場合は営業部の方から直接使えない奴呼ばわりされ、技術部の方からは質問する度嫌味を言われました。しかも大半は答えない。

上司の方から早々に仕事のできない奴呼ばわりされ、「君にはこんなに費用がかかっているのに全然仕事しないね」とExcelで書かれた450万円の謎赤字(私の給料と備品代?)を見せられ、初めの数か月は本当に苦痛でした。

(後々聞いた話ですが、この上司は自分が育てた実績を得るため必ず否定から入るらしいです)

Javaシルバー持ち、Androidアプリ作成経験有りの私ですら数か月全く仕事をさせてもらえなかったので、コードを書いたことが無い人はしばらく辛い期間が続くかと思います。

全ての企業がここまで当たりが強いとは言いませんが、

  • U29ボリューム層である20代後半エンジニアは本来何かしらの技能を持っている
  • 中途採用は本来即戦力
  • U29に未経験可で求人を出しているのは人事部

この3点は心に留めて転職活動をされた方が精神的に良いかと思います。

余談ですが人間パワーが有り余ってると内部闘争にリソースを割くと言われており、現在身をもって体感してます。

ホワイトで人間関係良好な職場ってないかな~。

スポンサーリンク
広告